« 北島は締めて900万円也! | Main | トッポ・ジージョのボタン戦争 »

Friday, September 03, 2004

身体感覚の言語化~書評として

453216477X.09.MZZZZZZZ 齋藤孝著、日本経済新聞社出版

五輪の身体;はじめにより抜粋)

 「アスリートに頭の悪い人はいない」というのが私の持論だ。彼らはある時に偶然に「これだ!」という優れたパフォーマンスを体験する。しかし、1回きりでは意味がない。いつでも使える「技」にかえていく必要がある。その手がかりになるのは、最初のときに得た身体感覚だけ。といっても、感覚は完全には言葉に置き換えられないから、意識化が難しい。非常に知的な作業をしているのである。アスリートはときに「身体が勝手に動いた」とか「本能のままに」と口にするが、鵜呑みにしてはいけない。彼らはつねに自分の身体感覚を意識化し、毎日の練習でも細かく工夫を重ねている。筋肉のかすかな動き、軸のブレ、足の裏の感覚・・・・・チェックポインとは山ほどある。五輪クラスのトップアスリートとなれば、なおのことである。

434400650X.09.MZZZZZZZ 平井伯昌著、幻冬舎出版

世界でただ一人の君へ;第3章 自分の泳ぎを言語かさせる より抜粋)

 しかし、選手というのは感覚を大切にするようになるものだ。いつも同じプールで泳いでいても、肌で感じる水は日によって感覚が違う。この違いが分かる「感覚」こそ、大切にする必要がある。これはその選手それぞれの「感性」を表しているからだ。-略-
 選手にしてみれば、水泳というものは、自分の感覚と、泳いだ後のタイムでしか泳ぎの「質」を判断できない。ただしプールサイドで見ているコーチの目からは泳ぎのテクニック、ストロークやキックの巧拙が分かる。これを言葉に置き換えるときが、コーチの能力を問われる部分である。
                      

身体感覚の言語化とでも言うか、これがオレも指導者として追求しているテーマの一つである。
客観的に見たものを、いかに相手の主観に伝える事が出来るか・・・・

指導者もさることながら、自分のフィーリングを上手に言語化・・・表現できるのがトップアスリートの条件の様に思える。これが天性ではなく普段からのトレーニングによって培われていくものだと思う。

・・・が、本当に何も考えてない(ように思える)選手もいる!指導者が悪いのか、選手の質の低さなのかどっちだろうか?

いずれにせよ最低限必要な質(知識)が必要だということかな・・・と、色々考えながら楽しく読めた2冊であった。

|

« 北島は締めて900万円也! | Main | トッポ・ジージョのボタン戦争 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

コメントとTBありがとうございました。
私もこの本読ませていただこうと思います。

こうやって少しずつ自分の知らないことが埋まっていくのは
いいですね。これからも宜しくお願い致します。

Posted by: 西沢知樹 | Friday, October 08, 2004 at 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27790/1350825

Listed below are links to weblogs that reference 身体感覚の言語化~書評として:

» アウトプットする道具 [ケイティクス・プログレス]
こんにちは、西沢です。 【昨日今日】 ・フォトリーディングのことを紹介したのがきっかけで、しばらく連絡してなかった  内方先生とメールしていました... [Read More]

Tracked on Friday, October 08, 2004 at 08:03 PM

« 北島は締めて900万円也! | Main | トッポ・ジージョのボタン戦争 »