« プール事故・・・・ | Main | 入れてて良かった・・・! »

Wednesday, August 02, 2006

2度目は永久資格停止!?

ツール・ド・フランスのランディス選手も

テストステロンのドーピングで陽性反応で陽性でしたが・・・・

20060731k0000m050043000p_size6


陸上100m世界記録保持者ガトリンが、

B検体でも陽性反応が出たそうです!

世界反ドーピング機関(WADA)や国際陸上競技連盟は、

2度目の違反者は

原則として永久資格停止にすると定めているそうですが・・・・

本人は身に覚えがないと・・・


彼を指導するトレバー・グラハム・コーチは、

テストステロンに陽性反応を示したのは


「ガトリンが知らないところでマッサージ師がテストステロンのクリームを使ったため」


と説明しているみたい・・・

このマッサージ師って誰なの!!!?

すっご~く興味あるんですが・・・


だって、大事な舞台で選手の体を触れるって

よっぽど信頼関係がなければできないと思うし・・・

そんなマッサージ師がこんなことするかなって・・・


仮にそれが真実だとしたら

それこそ、どこそかの罠にはめられたってことですよね!?


・・・・・・

ホントに永久追放されちゃうのかな!?


----------------


100m世界記録保持者ガトリンが陽性反応

 【クリーブランド(米オハイオ州)高橋秀明】陸上男子100メートルの世界記録保持者で、04年アテネ五輪同種目で優勝したジャスティン・ガトリン選手(24)=米国=が、ドーピング(禁止薬物使用)検査で陽性反応を示したと米国反ドーピング機関(USADA)から通告されていたことが29日、分かった。複数の米メディアが報じた。ガトリン選手は通告を受けたことは認めたが「禁止薬物を使用した覚えはなく、この結果を説明することはできない」と薬物使用を否定しているという。

 ガトリン選手はテネシー大在学中の2001年に禁止薬物が検出され、資格停止処分を受けた。世界反ドーピング機関(WADA)や国際陸上競技連盟は、2度目の違反者は原則として永久資格停止にすると定めている。国際陸連は30日、今回の陽性が確認されれば、規則通り永久資格停止にする方針を示した。この場合、世界記録も抹消されるとみられる。

 報道によるとガトリン選手は、4月22日に米カンザスシティーでリレーに出場した際の検査で筋肉増強作用のあるテストステロンか、その類似物に陽性反応を示したと通告された。7月には「Bサンプル」(同時に採取して別に保存してある検体)も陽性反応を示したという。

 ガトリン選手はアテネ五輪100メートルで優勝したほか200メートルで銅メダル、400メートルリレーで銀メダルを獲得。昨年の世界選手権(ヘルシンキ)では100、200メートルで2冠を達成した。今年5月のカタール・グランプリ(ドーハ)100メートル決勝では、アサファ・パウエル選手(ジャマイカ)と並ぶ9秒77の世界タイ記録をマークした。

毎日新聞 2006年7月30日


----------------

B検体の検査結果は5日に 

 自転車ロードレースのツール・ド・フランスで総合優勝し、ドーピング(薬物使用)検査で陽性反応を示したフロイド・ランディス(米国)について、国際自転車連合(UCI)は1日、予備検体に当たるBサンプル検査結果は5日に判明すると明らかにした。

 Bサンプルが陰性なら潔白だが、陽性の場合には違反が確定し、タイトルはく奪と2年間の資格停止処分を受ける可能性がある。(AP共同)

毎日新聞 2006年8月1日


|

« プール事故・・・・ | Main | 入れてて良かった・・・! »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2度目は永久資格停止!?:

« プール事故・・・・ | Main | 入れてて良かった・・・! »