« Run | Main | ラスト・ホリデイ・・・・ »

Sunday, August 27, 2006

わが子捜し4度海中へ・・・

この悲惨な事故を知ったのは土曜の朝・・・


事故の全貌につては、

すでにご承知と思いますので、

あえて、ココでは述べません・・・・


しかし、この記事を読んで、

私は涙を抑えるのが必死でした・・・・

我が家にもわんぱく坊主が3名おりますが、

子を思う親の気持ち・・・・

お母さんは、

4度も海中へ潜る・・・・

お父さんは、

立ち泳ぎで子供を抱える・・・


水泳達者な方だとしても、

この両親の必死の行動・・・

想像しただけでも涙がこみ上げてきます!

こんな事故2度と起こりませんように!!

----------------

叫ぶ母、わが子捜し4度海中へ 福岡3児死亡事故

 両親は必死に救出しようとした…。福岡市東区の「海の中道大橋」で、25日夜発生した幼児3人が死亡した家族5人車転落事故。4回海に潜り、沈んでいくRV内から何とか2人の子どもを救い出した母。立ち泳ぎで子どもを抱きかかえ救助を待った父。しかし、陸に上がったわが子の体は冷たかった。海中から見つかったもう1人の子どもも、助けてあげることはできなかった。愛(いと)しい3人を一度に失った両親は、ただ泣き崩れた。

 「ヘッドライトがまぶしいと思い、ルームミラーを見ると猛スピードで車が接近して来た。直後にものすごい衝撃と体に痛みを感じた」。大上哲央さん(33)は救助された後、事故の様子を親族らにこう話した。

 哲央さんは追突直後の記憶が、そこでいったん途切れている。気が付いたときは海面に浮いていた。どうやって車外に逃れたのか覚えていない。

 視界の中には頭部分を海中に突っ込んだかたちで転落したRV。後部荷台の窓ガラスは追突の衝撃からか大破していた。「子どもが! 子どもが! 」。大声で叫んでいた哲央さんの妻かおりさん(29)はそこから車内に潜り込んだ。

 哲央さんが運転、かおりさんが助手席。3人の子どもは後部座席に乗っていた。1回目。かおりさんは長女紗彬ちゃん(1つ)を車内から引き出し、哲央さんに引き渡す。2回目。二男倫彬ちゃん(3つ)も引き渡せた。3回目。残る長男紘彬ちゃん(4つ)を引き出そうとするがうまくいかない。車が沈み始める。いかないで…。すがりつくように4回目に挑んだ。だが、海中に沈んでいった。

 レスキュー隊員が投げ入れた浮輪にしがみついた大上さん夫妻。叫び声が夜の海に響いた。「もう1人中にいる! 助けて! 助けて! 」。2人の子どもを抱えたまま、通り掛かった漁船に救助された哲央さんとかおりさん。紘彬ちゃんも26日午前2時前に海中から引き上げられ、子ども3人は福岡市内の2つの病院に搬送された。しかし、だめだった。「ひろー」「ともー」-。治療室のカーテン越しに、わが子の名を呼ぶ哲央さんの叫び声が響いた。

2006/08/26付 西日本新聞夕刊


|

« Run | Main | ラスト・ホリデイ・・・・ »

「Lifesaving」カテゴリの記事

「雑記・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

tets さん

こんにちは。
私も、いじめで自殺した子供の遺書を取り上げましたが、親御さんの気持ちになるとやりきれないですね。

それから、今後についての励ましありがとうございます。
そのようにおっしゃっていただき、本当に嬉しく思います。

今後もどのような方向へ落ち着くかわかりませんが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Posted by: 「感動創造」 | Sunday, August 27, 2006 at 04:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27790/11625159

Listed below are links to weblogs that reference わが子捜し4度海中へ・・・:

« Run | Main | ラスト・ホリデイ・・・・ »