« 国東半島100キロマラソン! | Main | Tarzan増刊号 »

Monday, September 25, 2006

甘党ではありませんが・・・

この本、なんか気になりますよね~!?


20060925k0000e040050000p_size6

ここ1ヶ月、ろくなトレーニングもしておりませんが、

体重の変動はありません・・・・・


でも、食欲の秋とでもいいますか、

最近、体が無性に甘いモノが要求してきます!!!


そんなに甘党だったわけではありませんが、

なんかやばい兆候ですね (^ ^ゞ


マジ、トレーニングを再開せねば (^ ^)v



----------------

元横綱大乃国:「絶対にうまい菓子」おすすめ本を出版

 元横綱がスイーツ指南--。大相撲の元横綱大乃国の芝田山親方(43)が今月、巡業などで出会った全国のおすすめ菓子の紹介本「第62代横綱大乃国の全国スイーツ巡業」(日本経済新聞社、1470円)を出版した。大の甘党で、菓子作りも趣味。テレビの料理番組でその腕前を披露している親方は「取り上げたお菓子はどれも『絶対にうまい』と太鼓判を押せるものばかり。一家に一冊置いて活用を」と訴える自信作だ。

 同書では全国86店の140種類の菓子を写真入りで紹介。地方場所などで各地を訪れた際に、その地で自ら食して味を確かめたものばかり。和洋問わず、それぞれの菓子のおいしさとともに、出会った時の思い出などもつづられている。

 お相撲さんといえば、「ちゃんこ鍋に日本酒」のイメージだが、親方の場合は「子どものころからあんこの違いにもうるさかった」という筋金入りの甘党。角界入り後もおいしいと思った菓子は、包み紙などを保存してきた。今回は、それを元に出版社の協力を得て取材を進めた。また、甘い物好きが高じて、大関時代からは趣味で菓子作りにも取り組んできた。現在は「菓子作りの道具は衣装ケース二つ分ぐらいある」。それらを駆使してケーキ作りなどに励む姿も紹介されている。

 「価格的にも高級品から手ごろなものまでそろえた。取り寄せて楽しむのはもちろん、人に贈り物をする際の『参考書』にもできる」。堂々たる体格の親方は、現役時代にも劣らぬ圧力で自著の活用術を訴える。【飯山太郎】

毎日新聞 2006年9月25日

|

« 国東半島100キロマラソン! | Main | Tarzan増刊号 »

「ダイエット」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27790/12038496

Listed below are links to weblogs that reference 甘党ではありませんが・・・:

« 国東半島100キロマラソン! | Main | Tarzan増刊号 »