« Run | Main | TARZAN #477 »

Wednesday, November 08, 2006

大分市から福岡への買い物・・・


1162861623183621

11月7日の大分合同新聞より・・・


私たちも先週末、家族みんなでは2年ちょっとぶりかな!?


目的はグルメとショッピングでしょ!!!


やはりファッションは大分よりは洗練されてるし、

もちろんブランドもんは変わらないけど、

オンリーワンみたいなモノはやっぱ福岡です (^ ^ゞ

グルメは・・・・

もちろん大分も美味いけど、

焼き鳥は福岡にはかないません (>_<)

でもやっぱ費用がね・・・・・

日帰りしたって高速・ガソリン代だけでも1万円ちょっと

それに食事・・・・

目当てのモノがあれば(* *)


お金はいくらあっても足りませ~ん!!


でも、ストレス発散・充実度と

±ゼロ!!!

ッてことにしときましょ (^ ^)v

----------------

大分市から福岡への買い物 「減った」が「増えた」の3倍

 九州五県にある地方銀行系の調査研究機関・九州シンクタンク六社会(大分県は大銀経済経営研究所)は六日、各県在住者の福岡地区での消費・購買動向調査の結果を発表した。福岡に行く回数は年平均約四回で、七割以上の人が買い物が目的。大分市では大型商業施設の新設などに伴い、福岡に行く回数が「減った」とする回答が、「増えた」の約三倍だった。

 調査は七月、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、佐世保の六市在住の男女にアンケートを行い、千四百四十五人(大分は二百二十八人)から回答を得た。この一年間に福岡を訪れた回数は平均三・九回。最も多いのは佐世保市の六・○回、大分市は三・三回で四番目。
 目的は買い物が73・4%でトップ。以下(2)グルメ(3)観劇(4)コンサート(5)スポーツ観戦―の順。年代別では若年層ほど買い物とコンサートの割合が高い。
 最も行く商業施設は娯楽・宿泊施設も備えるキャナルシティ博多で50・9%。以下福岡三越、天神地下街、岩田屋、博多大丸―が続く。大分市のトップ3は(1)三越(2)キャナルシティ(3)天神地下街だが、博多リバレイン(14・0%)の割合が他市に比べ圧倒的に高い。
 一回当たりの平均消費額(食事・交通費込み)は四・五万円。大分市は三・九万円で四番目。福岡の魅力を「品ぞろえが豊富」「地元にない店がある」としている。
 回数が以前に比べて「減った」は26・6%で、「増えた」の15・3%を上回った。大分市は「増えた」が9・2%で、六市の中で唯一10%を割り込んだ。一方、「減った」は26・3%。「減った」理由は大分、熊本両市では「地元の魅力が増した」が32・1%で、他地域に比べ高い。大分、熊本両市は、最近十年間で商業施設の床面積が十五万平方メートル以上増えた。
 調査結果を踏まえ、大銀経済経営研究所は「大型商業施設の新設で大分の魅力は増した。熊本市のように中心商店街が魅力を高め、回遊性を持たせれば、消費の流出がさらに防げるのではないか」と話している。

大分合同新聞 2006年11月07日

|

« Run | Main | TARZAN #477 »

雑記・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大分市から福岡への買い物・・・:

» あなたに合ったファッションを演出しよう! [ファッション ブランド 情報ナビ]
あなたに合ったファッションを演出するためにも、あなたに合ったブランドを選びましょう。ブランドに関する情報を提供していますので、どんどん活用していってね。 [Read More]

Tracked on Thursday, November 09, 2006 09:22 PM

« Run | Main | TARZAN #477 »