« 乗客のおならで緊急着陸!? | Main | まぐれとは言わせません!? »

Friday, December 08, 2006

競泳ニッポン、金16!


2006120804887934jijpspoview001

強敵、中国と互角の勝負・・・・


これで、北京五輪が面白くなってきました (^ ^)v

アジアを制すモノは世界を制す!!かも・・・


選手の皆さん、お疲れ様でした!

----------------

金16個、中国と並ぶトップタイ 競泳総括

 ドーハ・アジア大会、日本競泳勢の金メダル16個は、アジア最大のライバル中国と並ぶトップタイとなった。「前回釜山大会の11個を上回る」という目標を大きくクリアし、うち15個が五輪種目であることも高い評価につながる。総メダル獲得数も47個と、中国の44個を上回った。

毎日新聞 2006年12月8日


----------------

北島が200m平で金 競泳

 ドーハ・アジア大会の競泳、最終日の7日は、男子200メートル平泳ぎで北島康介(日本コカ・コーラ)が100メートルとの2大会連続2冠を達成。木村太輔(自衛隊)も2位で続いた。同50メートル背泳ぎでも古賀淳也(早大)が優勝し、山口雅文(中大)が4位。男子400メートルメドレーリレーは、大会新記録で4連覇を果たした。
 女子200メートル個人メドレーでは100メートル平泳ぎ優勝の北川麻美(早大)が2位、藤野舞子(キャラノ)は2大会連続の3位で、この大会3個目の銅メダル。優勝は斉暉(中国)で3種目で金に輝いた。同50メートルバタフライは加藤ゆか(山梨学院大)が、100分の1秒差で3位に滑り込んだ。
 男子1500メートル自由形は17歳の朴泰桓(パク・テファン、韓国)がアジアで初の15分を切る14分55秒03で優勝し、今大会3個目の金メダルを獲得した。松田丈志(中京大)が3位。金メダル獲得総数では、日本と中国が各16で首位を分け合った。
 ▽北島康介 (2大会連続で100メートルとの2冠) 無事に勝てて、ほっとしてます。記録は出なかったけれど、チームに貢献できて、うれしい。
 ▽古賀淳也 (自身が持つ日本タイ記録に0秒01差で金メダル)ベスト記録が出なかったのは悔しい。スタートの後のバサロで体半分以上の差をつけていたので、絶対にいけると思った。
 ◇北島「来年、再来年につなげたい」
故障や体調不良に苦しんだ1年も、気付けばもう12月。「いい形で今年を終われるレースにしたい」と、男子200メートル決勝に臨んだ北島。タイムは平凡なものだったが、金メダルを手にしたことに意味があった。
 ひじ、ひざの痛みで年明けから調整が遅れ、200メートルでは不振が続いた。4月の日本選手権は4位と惨敗。「表彰台にも上がれないなんて、情けない」と、屈辱をかみしめた。直前に高熱で入院した8月のパンパシフィック選手権は、世界記録を更新したブレンダン・ハンセン(米国)に2秒37の大差で銀メダル。前世界記録保持者の影は、薄くなるばかりだった。
 このレースの直後、平井伯昌コーチは話しかけている。「アジア大会に出ない選択もあるぞ」。来春の世界選手権へ向けて調整に専念することも、示唆したのだ。これに北島は即答した。「いや、僕は200に出たい」。今年一度も勝っていない200メートルの雪辱を、アジアの舞台に選んだ。
 パンパシ選手権で、復調を感じつつもあった。平井コーチは「記録はともかく、泳ぎには手応えがあった」と言う。バランスを崩したフォームの修正に、光明が見え始めていた。北島は「いい感じをつかめたので、それを来年、再来年につなげたい」と語っている。
 忘れていた「勝利の味」を思い出し、100メートルに続く制覇でアテネ五輪2冠のプライドも守れた。終わり良ければ、すべて良し。年越しそばも、気持ち良くすすれそうだ。【堤浩一郎】
 ○…「待てば海路の日和あり」だった。日本競泳陣で、初レースが最も遅くなったのが女子50メートルバタフライの加藤。最終日にようやく出番が訪れ、「長かったです」と苦笑した。しかし、初の世界切符という大きな褒美も待っていた。来春の世界選手権の出場権を得ていない選手のうち、今大会は50メートル種目にチャンスが残されていた。
 日本水泳連盟が定める国際大会派遣標準記録(27秒22)を決勝レースで切れば、代表に内定するのだ。「不安と緊張はあった」という加藤だが、午前中の予選でも記録を突破。好調を決勝でも維持し、26秒98で3位に入り、設定タイムをクリアした。

毎日新聞 2006年12月8日


----------------

競泳、日本男子が400mメドレーリレーで4連覇

 [ドーハ 7日 ロイター] ドーハ・アジア大会は7日、当地で第7日目を行い、競泳の男子400メートルメドレーリレーで、日本(宮下、北島、山本、細川)が優勝。4大会連続の金メダルを獲得した。

ロイター 2006年12月8日

|

« 乗客のおならで緊急着陸!? | Main | まぐれとは言わせません!? »

swimming」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 競泳ニッポン、金16!:

» 北朝鮮、アジア大会の応援団は「美女軍団」から出稼ぎ男性へ! [今日の気になるニュース@総合]
日本を破った北朝鮮の選手を抱きしめる応援団 前回の02年釜山アジア大会では、若い女性たちの応援団を送り込んだ北朝鮮でしたが、現在ドーハで開催中の今大会の応援団は一転して中高年男性により構成されており異彩を放っているようです。 先日、男子サッカーで日本が北朝鮮に敗れた際には、北朝鮮応援団の数百人が興奮のあまり試合後にピッチへ乱入して選手を胴上げを行い、それを呆然と見守る警備員らの姿も見られました。 9日に行われた男子サッカーの南北対決には約1�... [Read More]

Tracked on Wednesday, December 13, 2006 03:21 AM

« 乗客のおならで緊急着陸!? | Main | まぐれとは言わせません!? »