« 酔って候・・・ | Main | Run »

Sunday, March 11, 2007

大分トリニータは負けましたが・・・


20070311k0000m050101000p_size6


横浜ダービーは横浜FCに軍配!!


トリニータは磐田に1対2で負けちゃいましたけど・・・


・・・・・・・

大分対横浜FCが早く観たいな~ (^ ^)/

----------------

J1:横浜ダービーは横浜FCに軍配 横浜マ、善戦実らず

〇横浜FC1-0横浜マ●

 横浜FCは前半7分、山口のロングボールを小村が頭で競り合い、こぼれ球を早川がGKの頭越しに決め、先制した。横浜マは前半ロスタイム、ゴール正面から田中裕が強烈なミドルシュートを放ったが、バーをはじき、横浜FCがリードして前半を終えた。

 後半は横浜マが一方的に押し込む展開。20分、ゴール前のFKを那須が頭で合わせたもののゴール左にわずかに外れた。さらに30分、山瀬功がFKを直接狙ったが、ポストにはじかれた。横浜FCは時折カウンターを仕掛ける一方、粘り強い守りで得点を許さず、J1初勝利を挙げた。

 ▽横浜FC・高木監督 こんな良い雰囲気で試合をやれて、燃えない選手はいない。試合を重ねるごとに自信が深まっている。

 ▽横浜FC・三浦 サポーターと全員の力で勝ち取った勝利。

 ▽横浜FC・奥 (古巣相手に初勝利)サポーターの大声援が力になった。(横浜マ側の)ブーイングは気にならなかった。

 ▽横浜マ・早野監督 (シュートがバーに当たるなど)ツキがなかった。大島が前線で孤立してしまった。

 ◇「こんな良い雰囲気で戦えたことに感謝」三浦  

 最初のシュートは、横浜FCの三浦が放った。「チームにリズムと勢いをつけたかった。もちろん自分自身にも」。リーグ最年長、40歳の心意気が士気を鼓舞した。

 直後の7分、38歳の山口から37歳の小村へとつなぎ、最後は早川が落ち着いて先制。消滅した横浜フリューゲルスで主将を務めた山口と、横浜フを吸収合併した横浜マでプレーした小村の共同作業でおぜん立てした。

 フリューゲルスサポーターの力で結成された横浜FC。9年ぶりに復活した「横浜ダービー」に三浦が華を添え、この日を待ちわびていたサポーターにとって何よりのプレゼントとなった。

 神戸時代の05年5月以来となるJ1でのプレーとなった三浦。「こんな良い雰囲気で戦えたことを感謝したい」と喜びをかみしめながらも「この高い集中力を1年を通じて維持しないと、上にいけない」と話した。この歴史的勝利が今後、J1で戦ううえで大きな糧になる。【仁瓶和弥】

 ○…9年ぶりに復活した「横浜ダービー」で、J1初昇格の横浜FCが初勝利をものにした。浦和との開幕戦はベンチを温めた横浜FCの40歳、三浦も先発出場し、後半途中までプレー、満員のスタンドを喜ばせた。

 先制した横浜FCが横浜マの攻勢を守る展開。ゴール前の攻防が多く、ダービーにふさわしい熱戦になった。横浜マでプレーしたこともある横浜FCの小村は「ダービーは意地とプライドのぶつかりあい。気持ちで負けず、挑戦者のつもりで戦いたい」と話していた。横浜マから今季移籍した久保、奥にとっても古巣との戦いとなった。

 J1初昇格に貢献したリーグ最年長の三浦がJ1でピッチに立つのは、神戸時代の05年5月14日の名古屋戦以来。

毎日新聞 2007年3月10日

|

« 酔って候・・・ | Main | Run »

「スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27790/14220586

Listed below are links to weblogs that reference 大分トリニータは負けましたが・・・:

» 第2節ガンバ明日&他チームの結果 [スポーツ瓦版]
Jリーグ第2節になり土曜に6試合で日曜に2試合が行われるね 甲府0ー2名古屋・広島1ー1柏・磐田2ー1大分の3試合など 大宮0ー2F東京・横浜FC1ー0横浜M・千葉1ー3清水だね 横浜FCが勝ち点3を初GETし1節で良い広島と柏がドローで 名古屋と清....... [Read More]

Tracked on Sunday, March 11, 2007 at 02:10 PM

« 酔って候・・・ | Main | Run »