« 中村が日本新で3年ぶりV 女子百m背 | Main | 井川、デビュー戦飾れず! »

Saturday, April 07, 2007

柴田が800自で2年ぶりV!


20070408k0000m050057000p_size6


亜衣ちゃん、400mに続き2冠!!!!


そして中村礼子は50mBAで、

またまた日本新!!!!


明日は最終日・・・・・

中村礼子の200m!

亜衣ちゃんの1500m!!


TV観戦できたらいいな~ (^ ^)/


↓↓↓↓↓↓↓↓↓
JAPAN SWIM 2007


----------------

競泳:柴田が800自で2年ぶりV、400自との2冠に

 競泳の日本選手権第3日は7日、千葉県国際総合水泳場で男女計8種目の決勝などを行った。女子800メートル自由形はアテネ五輪覇者の柴田亜衣(チームアリーナ)が8分26秒60で2年ぶり2回目の優勝。2年ぶりで400メートルとの2冠を獲得した。女子50メートル背泳ぎは中村礼子(東京SC)が28秒36で、前日の100メートルに続き日本新記録で制覇。2位の寺川綾(ミズノ)も従来の日本記録に並ぶ28秒56だった。男子400メートル自由形は松田丈志(スピード)が4連覇。女子200メートル個人メドレーは北川麻美(イトマン大宮)が2連覇した。男子50メートル平泳ぎで過去5回優勝の北島康介(日本コカ・コーラ)、男子メートル背泳ぎで3連覇中だった森田智己(セントラルスポーツ)は、ともに予選から欠場した。

 ▽中村礼子 (100メートル、200メートルとの)「背泳ぎ3種目で日本記録」という夢が実現できてうれしい。50メートルは世界選手権の決勝(5位)で力んだが、今回はそれを修正できた。

 ◇「泳ぎきるまで集中」…快勝した柴田

 1週間前の世界選手権決勝はまさかの6位。そのショックを、柴田が積極的な泳ぎで振り払った。「タイムも意外といいし、優勝もできてけっこう満足」。消えていた笑顔が戻った。

 意気込んで臨んだ世界選手権では「考えすぎてレースで100%集中できなかった」。前半こそ3位につけたが、得意のはずの後半で全く伸びなかった。

 その疲れを心身ともに残す今大会。それでも「何か一つつかなまなきゃ」と奮起した。前半から攻め、400メートルを世界選手権より1秒余り速く通過。さらに違ったのはここから。「きつかったけれど、泳ぎきるまで集中した」。終盤はしっかりペースを上げてみせた。この日の記録が世界選手権で出ていれば3位争いができただけに「それを考えると悔しい」。だが表情に曇りはなかった。

 世界選手権で400メートルと1500メートルは日本新を出して銅メダル。しかし、最もこだわる800メートルでは、アテネ五輪で出した8分24秒54の自己記録をその後更新していない。日本記録にもまだ0秒86及ばない。「北京五輪までには日本記録を出し、レベルアップしたい」。気持ちは次の舞台へと向いている。【石井朗生】

 ○…男子400メートル自由形の松田は「4連覇はうれしいが、タイムをもっと上げたかった」。前半は自身が持つ日本記録を上回るペースだったが、そこから加速できなかったのを反省した。自身が予選落ちした世界選手権では、朴泰恒(パク・テファン)=韓国=の優勝に刺激を受けた。「同じアジア選手としてライバル意識を持ち、自分も限界を作らず追いかけたい」。05年世界選手権銀メダルの実績もあるバタフライに続き、自由形での飛躍も期している。

毎日新聞 2007年4月7日

|

« 中村が日本新で3年ぶりV 女子百m背 | Main | 井川、デビュー戦飾れず! »

swimming」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 柴田が800自で2年ぶりV!:

« 中村が日本新で3年ぶりV 女子百m背 | Main | 井川、デビュー戦飾れず! »