« 薬物違反出すな!? | Main | 探査機「はやぶさ」、イトカワ離れ地球帰還へ »

Thursday, April 05, 2007

Qちゃんの北京五輪後・・・・


2007040500000007dalspothum000


母校の特任教授ではありますが・・・・


北京後は教授になって教壇に・・・・・

でも、受けてみたいな彼女の講義!!

・・・・・・・・・・

まずは、北京目指して頑張って下さい (^ ^)/


----------------

Qちゃん北京五輪後は教授になる!?

シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子(34)=ファイテン=が4日、母校である大阪・吹田市の大院大の入学式に参列し、新入生に祝辞を述べた。昨秋、同大学の「特任教授」に就任した高橋は、今年4月に経済学部「スポーツ経済コース」が新設されたこともあり、目標の北京五輪後に指導者として教壇に立つ夢も口にした。
 初々しい母校の後輩たちの姿に、Qちゃんの新たな夢が膨らんだ。「スポーツ経済コースができることを聞き、何かお力になれるかと思っている。やれることはやらせていただきたい」。教授の証し、ドクターキャップとガウンに身を包んだ高橋は目を輝かせた。
 昨年11月に特任教授に就任したが、今年は5月のボルダー合宿など、北京五輪切符を目指してトレーニングに集中する意向。この日も「(今年は)陸上をしてきた22年間をすべて出せる1年にしたい。そこ(北京五輪)で引退かどうかは決めていないけど、最大の目標は北京五輪。全力でやっていきたい」と、並々ならぬ思いを口にした。
 大院大では講演会を開催したことがあるだけで教べんをとる機会はなかったが、両親がともに教員で自身も大学で教員免許を取得していることもあり、教育現場はあこがれだった。母校にスポーツ関連コースができたことで「教壇に立って話をできる機会があればいいなと思う」と、夢は具体化した。
 大院大側も「今年は北京五輪へ向けて全面的にバックアップしたい」と競技生活を支える意向だが、任期1年の特任教授職については「高橋さんさえよければ更新して欲しい」と説明。少子化で各大学が生き残りをかけているだけに“Qちゃん教授”は大学側にとっても願ってもない話。将来的には陸上部を指導する可能性もある。
 この日の入学式では「なりたい自分になれるように充実した大学生活を送ってください」とエールを送った高橋。北京五輪を経て大学教授へ-。夢は必ずつなげてみせる。

デイリースポーツ 2007年4月5日

|

« 薬物違反出すな!? | Main | 探査機「はやぶさ」、イトカワ離れ地球帰還へ »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Qちゃんの北京五輪後・・・・:

» 故障から復帰の大山、栗原を選出 バレー女子日本代表 [宝くじ@全国自治宝くじ情報館]
         日本バレーボール協会は19日、2007年度の女子日本代表候補22人を発表し、主将の竹下(JT)ら昨年の世界選手権出場選手に加え、故障で欠場した大山加(東レ)と栗原(パイオニア)の若手コンビも名を連ねた。 過去五輪に2度出...... [Read More]

Tracked on Thursday, April 19, 2007 06:12 PM

« 薬物違反出すな!? | Main | 探査機「はやぶさ」、イトカワ離れ地球帰還へ »