« 映画「バベル」を観て体調不良・・・ | Main | 中国にディズニーランド!? »

Wednesday, May 02, 2007

吉永小百合が人命救助!?

070502gt20070502001_mde00417g070501t


何故か映画ネタが続いておりますが・・・・

映画「母べえ」のワンシーンでした (^ ^ゞ


彼女は普段も週に2回は泳いでいるそうですよ・・・

CMでのバタフライも格好良かったし・・・

そんな彼女でも・・・

実際に溺者を素手で救助するのは至難の業です!!


みなさん決して無理はしないように!

----------------

吉永小百合が“ずぶ濡れ”で好演技連発!山田洋次監督も驚嘆

 女優、吉永小百合(62)の主演映画「母べえ」(来年1月公開)のロケが鹿児島県・奄美大島で行われ、映画では自身初の“水泳シーン”に挑んだ。着衣のまま、溺れる浅野忠信(33)を助けに海に飛び込み、見事なクロールを披露。「クロールよりバタフライの方が好きなんですけど」と茶目っ気を見せる文字通りの“水もしたたるいい女”に、「ここまで泳げるとは」と山田洋次監督(75)もうなった。



 救助シーンが撮影された4月30日はあいにくの曇天。水深1.2メートル、水温が12~13度の海に、小百合は薄手のワンピースでザブザブと入って行く。「山ちゃーん」。叫びながら、顔を上げた状態のクロールで約20メートル泳ぎ、溺れる山ちゃん役の浅野のもとにたどり着いた。

 「水に入ったときはすごく冷たく感じましたけど、入ってしまえば大丈夫」と小百合。「透けてしまうといけないから」と水着やウエットスーツをつけず、普通の白い下着で臨んだ。

 小百合の水泳歴は15~16年。昭和41年の映画「白鳥」では、海で自殺するシーンで10秒も顔をつけられず、監督に怒られたが、今では、週に2回、1度に2000メートル泳ぐ。平成11年の雪印のCMで見せたダイナミックなバタフライは有名だ。この日も、水中でワンピースの裾が足にからんでもなんのその。本番直前、両腕をグルグル回し肩の筋肉をほぐす姿は、熟練スイマーの貫禄たっぷりだった。

 「母べえ」は昭和15年、治安維持法で夫を投獄された女性が、2人の娘とたくましく生きる物語。暗く辛い生活を強いられる母子が、父(とう)べえの弟子・山ちゃんと海水浴で遊ぶ、劇中で唯一の明るく楽しいシーンが4月30日から撮影されている。

 今回の救助シーンは小百合の泳ぎを話に聞いた山田監督が今年1月、「母べえの意外な姿を見たい。クロールで泳いで欲しい」と依頼したものだが、実際にその勇姿を目の当たりにし「見事にやって下さって…とてもぼくなんて出来ませんよ」と驚嘆した。

 一方の小百合は、「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」以来34年ぶりの顔合わせとなる山田監督の演出プランに応えようと、直前まで3回プールに通い、元モントリオール五輪選手の三浦直子コーチに、立ち泳ぎから、シンクロの足使いまでを習い、撮影に備えた。

 「うまく行ったけれど、足が着いちゃって、(実力を)発揮するところまではいかなかったかな」と小百合。2日に撮影予定の飛び込みシーンに腕を撫していた。


★ワクワク現場で小百合が充実クランクアップへ

 1月28日に撮入した同作は2日にクランクアップ。34年ぶりに山田監督の演出を受けた小百合は「自分の芝居がつたなくて、監督の思う通りの演技ができませんでしたが、ワクワクする映画の現場を久しぶりに体験しました」と充実した様子。また、山ちゃんを演じた浅野は「今までに演じたことがないような役。役の上でも芝居以外でも吉永さんには助けられっぱなしでした」と語った。

サンスポ・コム 2007年5月2日

|

« 映画「バベル」を観て体調不良・・・ | Main | 中国にディズニーランド!? »

Movie & TV」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 吉永小百合が人命救助!?:

« 映画「バベル」を観て体調不良・・・ | Main | 中国にディズニーランド!? »