« セクシーといえば・・・ | Main | 世界競泳2007・・2日目 »

Wednesday, August 22, 2007

サッカー vs. 水泳

Thumb_0821_14


昨日は仕事の都合上、ライブでは観れなかったが、北島が59秒台で優勝!

ライバルのハンセンはいなかったが、北京での対決がそうとう楽しみですね~


っで、今日2日目はサッカーがあるのでTV放映は夜中に回された!

やっぱ、サッカーに比べると水泳はマイナーなんですね (TT)

ということで、結果はネットで見ちゃいましたが、一応2日目も録画してみることにします (>_<)


でも、水泳よりメジャーなサッカー・・・・・

オリンピック最終予選の対ベトナム戦!


1対0で勝ちましたが、何か情けね~な~っていう内容だと思いません!?


平山相太・・・・

彼を外した方がすんなり勝てそうだけど!?

・・・・・・・・・・

って、単純に彼のプレーが嫌いなだけですが・・・・

でも、やっぱ不完全燃焼ですよね!


気分転換に世界競泳2007二日目を観よっと (>_<)

-----------------

競泳:世界競泳イン・ジャパン 北島、59秒74 好タイムV--男子百平

 競泳の国際大会「世界競泳2007」が21日、千葉県国際総合水泳場で開幕した。第1日は男女8種目で決勝があり、男子百メートル平泳ぎの北島康介(日本コカ・コーラ)は、自身が持つ日本記録に0秒21と迫る59秒74の好タイムで優勝した。同二百メートルバタフライの柴田隆一(チームアリーナ)は、自己ベスト記録の1分54秒99で2位。同四百メートル自由形は、今春の世界選手権で初優勝した17歳の朴泰桓(韓国)が、グラント・ハケット(オーストラリア)との接戦を制した。同四百メートルリレーの日本(細川、伊藤、小島、佐藤)は、日本新記録の3分18秒38で2位。従来の記録を0秒57更新した。女子四百メートル自由形は世界選手権銅メダルの柴田亜衣(チームアリーナ)が4分7秒68の4位と振るわなかった。

 ◇柴田亜衣

 (女子四百メートル自由形でメダルを逃して)悪かったの一言。前半から行こうと思って、ちょっと力み過ぎた。

 ◇集中力で「150%の力発揮」

 スズメならぬカエルは、踊りを忘れていなかった。7月下旬に左太ももの肉離れに襲われた北島。「いったい何秒かかるのか」(平井伯昌コーチ)と不安だらけの初日にも、故障前につかんだ泳ぎを体が覚えていた。

 百メートルで1分を切ったのは、国内大会で初めて。「地元開催なので、何としても出場したかった」という北島の思いが実った形だ。59秒74は、銀メダルを獲得した3月の世界選手権のタイムよりも0秒22速かった。

 ただ平井コーチは、「うれしい半面、残念。複雑な気分」と明かす。けがをするまでが絶好調だったからだ。上半身強化が実り、充実した泳ぎが続いていた。コーチの目には「58秒台が出るんじゃないか」と映り、世界記録(59秒13)更新も視野に入っていたのだ。

 今大会で世界新記録をマークすると、北京五輪代表が内定する。北島も「高いレベルの結果を求めていたが、けがで目標を下げざるを得なかった」と悔しがった。手応えがあっただけに落胆も大きく、平井コーチは「棄権も考えたが、それを口にすると(精神的に)来年までダメになる雰囲気だった」と言う。

 しかし、そこで持ちこたえるのが北島ならではの集中力だ。「もし故障がなかったら……」という考えを捨て、「今の力を100%出そう」と切り替えた。不安な足の動きにつられて鈍くなりがちだった手のかきも、決勝では修正。愛弟子が見せた芯の強さに触れ、平井コーチは「150%の力を発揮した」と手放しでたたえた。【堤浩一郎】

==============

 【男子】

 ▽四百メートル自由形

 (1)朴泰桓(韓国)3分44秒77(7)松田丈志(ミズノ)3分54秒78

 ▽百メートル平泳ぎ

 (1)北島康介(日本コカ・コーラ)59秒74

 ▽二百メートルバタフライ

 (1)パベウ・コルゼニオフスキ(ポーランド)1分54秒93(2)柴田隆一(チームアリーナ)1分54秒99(7)松田(ミズノ)1分57秒03

 ▽四百メートルリレー

 (1)オーストラリア3分14秒26(2)日本(細川、伊藤、小島、佐藤)3分18秒38=日本新

 【女子】

 ▽四百メートル自由形

 (1)ブロンテ・バラット(オーストラリア)4分5秒93(4)柴田亜衣(チームアリーナ)4分7秒68

 ▽百メートル平泳ぎ

 (1)リーゼル・ジョーンズ(オーストラリア)1分6秒15(4)田村菜々香(東海大)1分8秒10(8)北川(イトマン大宮)1分9秒54

 ▽四百メートル個人メドレー

 (1)カースティ・コベントリー(ジンバブエ)4分36秒07(6)藤野舞子(FBインターナショナル)4分43秒93(8)中村咲(東京SC)4分49秒62

 ▽四百メートルリレー

 (1)オーストラリア3分38秒84(5)日本(山田、岩崎、上田、浦部)3分44秒59

 =1位と日本人選手

毎日新聞 2007年8月22日


|

« セクシーといえば・・・ | Main | 世界競泳2007・・2日目 »

swimming」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー vs. 水泳:

» 水泳 世界 新記録のご紹介! [世界水泳 最新情報!!]
佐藤が日本新=世界競泳・男子100自22日、千葉県国際総合水泳場で行われた世界競泳2007の男子100メートル自由形予選で佐藤久佳(日大)が49秒22の日本新記録をマークした。従来の記録は佐藤自身が今年4月の日本選手権で... [Read More]

Tracked on Tuesday, September 04, 2007 08:44 PM

« セクシーといえば・・・ | Main | 世界競泳2007・・2日目 »