« 桑田監督の可能性・・・ | Main | 甲子園・・・・ »

Friday, August 17, 2007

パイレーツからのラブコール・・・

2007081700000014spnspothum000


桑田さん、

やっぱりいい話が転がり込んできそうじゃないですか!!?


この話・・・・

まさにあなたにうってつけ!!!!!


じっくりと考えてくださいね (^ ^)/

*****************************************

桑田真澄:パイレーツ投手陣「コーチ」熱望

 パイレーツからの戦力外通告から一夜明けた15日(日本時間16日)桑田真澄投手(39)にパ軍投手陣が“コーチ就任要請”のラブコールを送った。20代の多いパ軍投手陣から桑田の知識、経験を今後も吸収したいとの声が相次いだ。現場の意見に球団首脳も桑田の去就判断を待ってコーチ就任要請を行う意向を示した。桑田は時間をかけて結論を出す意向だが、パ軍は背番号18の決断を注視している。

 ロッカーにはもう「KUWATA」の名前はなかった。戦力外通告から一夜明け、荷物整理を終えて空になった2つのロッカーには、畳まれたパイプいすが立てかけられていた。しかし、桑田がチームに残した影響力は大きかった。「彼とは携帯電話の番号とメールアドレスを交換した。今後も何かあったら真っ先に相談したい」

 そう話したのはエース右腕のスネル。ゴーゼラニー、マホラムの2人は12、13日の2日連続で完投勝利を飾ったが「変化球を効果的に使うことができた結果」(ゴーゼラニー)、「緩急を使うことに集中できたから」(マホラム)と言った。球速が140キロに満たない桑田が大リーガーを相手にした投球術、そしてメジャーで奮闘する姿勢は若手投手陣の目に焼き付いた。「もっとクワタの話を聞きたい」とナインは口をそろえた。

 投手陣の“総意”はコルボーン投手コーチにも届いている。「彼のおかげで何人の投手が成功したか。選手としてだけでなく、コーチとして彼はいつでも私のそばにいてほしい」とコーチ就任へのラブコール。リトルフィールドGMも「桑田とは今後もいろいろと話し合いたい」と語った。球団側は自由契約、トレードなど桑田の処遇を決めることができるが、本人の意思を尊重する姿勢。桑田本人が自由契約-現役引退を選んだ場合、コーチ要請を行う準備はできている。

 桑田はこの日「今すぐ決断することもないので、日本に帰ってゆっくり考えたい。壊れる寸前までやってきたので、右足首の治療に専念したい」と去就についてじっくり考える意向を示した。メジャーで未勝利、わずか3カ月の大リーグ在籍で示した背番号18の存在感。現役引退の決断をしたとしても、古巣巨人も含めた日米からのラブコールに頭を悩ませそうだ。

スポーツニッポン 2007年8月17日

|

« 桑田監督の可能性・・・ | Main | 甲子園・・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

>コレバナさん

今後についてじっくりと考えておらいたいですね!

Posted by: tets | Monday, August 20, 2007 03:21 PM

ども!
うーん、パイレーツを退団することは決定のようです。
今年は日本で過ごすようですが、もしかして来年選手復帰を目指しているのかな?

Posted by: コレバナ | Saturday, August 18, 2007 02:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パイレーツからのラブコール・・・:

» 桑田 パイレーツ Tシャツ [桑田 パイレーツ Tシャツ]
桑田さんのパイレーツのTシャツ、欲しいなって思います。海外へ行かないと、桑田さんのパイレーツの18番のシャツは買えないのかなと思います。 [Read More]

Tracked on Friday, August 17, 2007 10:35 PM

« 桑田監督の可能性・・・ | Main | 甲子園・・・・ »