« BBQ・・・ | Main | サマーキャンプ・・ »

Monday, August 06, 2007

朝青龍・・・ピンチ!?

2007080600000015spnspothum000


いや~、親方も頭が痛いでしょうね!!!


朝青龍・・・・ほんと始末に負えないガキというか甘えん坊ですよね!

モンゴルに帰りたい・・・・・!?

いいんじゃないですか帰せば・・・・・

ただし・・・・

横綱という地位を返上して!!!!!!!


*********************

朝青龍「心」の診断結果は「うつ寸前」

 日本相撲協会から厳罰を受けた横綱・朝青龍(26=高砂部屋)の師匠・高砂親方(51=元大関・朝潮)は5日、弟子の早期帰国を認めない方針をあらためて示した。朝青龍はこの日、都内で開業医を営む心療内科の本田昌毅医師(37)の往診を受け、「神経衰弱および抑うつ状態」と診断された。同医師は母国モンゴルでの療養を勧めたが、高砂親方は否定的で、6日にも朝青龍と協議することになった。

 約1時間半の診療を終えた本田医師は、朝青龍の症状について「神経衰弱および抑うつ状態」と語った。食事がのどを通らず十分に眠れない状態だとし、「うつ病の一歩手前でこの状態が続けば、あと3、4日でうつ病になってしまう。本人にとって最良と思える環境での療養が必要」と説明。そして、朝青龍が母国モンゴルへの帰国を希望していることを明かした。

 本田医師には「母が作る料理が食べたい」「一生懸命復帰します」「反省しています」そして「つらいな」などと語ったという。師匠の高砂親方が最初の関門と見なす会見設定には「今の状態では難しい。考えがまとまらない状態」と同医師は否定的な見解を示した。

 本田医師は診断書に「本人にとって最高の環境で療養すべき」との文言を添えて高砂親方に提出。だが、受け取った同親方は北の湖理事長(元横綱)への報告は行わなかった。前日も平石貴久医師のモンゴルで治療すべきとの要望を却下。この日も「モンゴルに帰ればいいという問題ではない。1人で解決できないなら、オレが出ていかないと駄目かも。ある程度は辛抱、我慢も大事。それが限界なら考える」とあくまで自身の精神力で回復することを求めた。

 北の湖理事長は「病状がはっきりした場合は真剣に考えたい」と帰国も含めて柔軟な姿勢だが、ある理事は「帰国なんて駄目に決まっているだろう。この逆境に耐えられないのなら、横綱を返上した方がいい。横綱の地位の重さをまだ分かっていないのか」と語気を強めた。6日にも高砂親方が朝青龍の自宅を訪れて話し合いを行うが、巡業をないがしろにした今回の行動だけでなく、横綱昇進後からやりたい放題だったつけが一気に回ってきているだけに、希望通り帰国が許される可能性は少ない。

スポニチ 2007年8月6日


|

« BBQ・・・ | Main | サマーキャンプ・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 朝青龍・・・ピンチ!?:

« BBQ・・・ | Main | サマーキャンプ・・ »