« Run | Main | メダル獲得数大幅減!? »

Tuesday, October 16, 2007

野菜感覚でお米を・・・!?

「カルローズ」ってご存じでしたか・・・!?

アメリカ・カリフォルニア原種の純粋なアメリカ米で、カルローズは「カリフォルニアのバラ」という意味だそうです・・・


Sty0710160812000p1


お米自体に歯ごたえがあり、ベタつかずさらっとしているらしく

画像のようにライスサラダにしてドレッシングをかけて食べると美味しいそうですが・・・

やっぱ、日本人・・・・

ご飯にはみそ汁でしょ!!!!

でも、ダイエット感覚で1回食してみる価値はありそうですね (^ ^)v

----------------

カルローズ 米国産米うまい! 新しい食感、野菜感覚

 新米のおいしい季節。アメリカ・カリフォルニア原種の純粋なアメリカ米「カルローズ」がこの秋、日本市場に初めて上陸した。すでにメニューに取り入れたレストランもあり、消費者の評判は上々という。食生活の変化で米消費は減少傾向。アメリカ米が米需要拡大につながるだろうか。(渋沢和彦)

 カルローズは「カリフォルニアのバラ」という意味。約60年前、カリフォルニア州で誕生した中粒種だ。米どころのカリフォルニア産の米の85%を占め、品質の高さから現在、世界40カ国以上に輸出されている。

 歯応えがあり、べたつかずサラッとしており、同じ米でも日本のご飯とはかなり違った印象だ。

 フードコンサルタントの青島邦彰さん(37)は「軽い食感なので、カレーライスのご飯や、ハンバーグなどの洋食とともに食べるご飯としては、日本の米よりも合う」と話す。また粒が崩れないからリゾットにしてもおいしいという。

 ちょっと意外な感じがするのが、サラダの素材としての利用。「市販のドレッシングやオリーブオイルにも合うので、米というよりも、むしろ野菜感覚で料理すると幅が広がる」と青島さん。


 著名レストランでも、カルローズを使ったメニューがすでに登場している。東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにある「ガーデンキッチンかるめら」では、9月からライスサラダと石焼きリゾットに使用。同店によると、ライスサラダは、さっぱりとヘルシーなので女性にうけ、注文も多いそうだ。

 また、おしゃれなカリフォルニア料理レストラン「ウルフギャング・パック・カフェ」では、これまでリゾットに日本米を使用していたが、今月4日から都内を中心に4店舗でカルローズに変更した。同店では「お客さんからは、米が軟らかくなり過ぎず、本場イタリアで食べたものに近いといわれました」という。

 アメリカ米は平成7年から日本に輸入が始まった。日本米に近い米国産のコシヒカリやあきたこまちだったが、安い中国産に押され伸び悩んでいた。そこでUSAライス連合会日本代表事務所では「このままでは太刀打ちできない」と方向転換。「米の新しい食べ方の提案」として、日本の米とはまったく食感の違う「カルローズ」に白羽の矢を立てた。

 国内での価格は5キロで2380円と日本の高級米と同程度。9月中は34トンが輸入されたが、紀ノ国屋、明治屋など東京の高級スーパーでしか売られていない。同連合会日本代表事務所の里見泰典代表は「消費者の評判が良ければ増やしたい」と、全国展開を目指すという。

 一方、農水省によると、日本の米の1人当たりの年間消費量は昭和37年度の118.3キロをピークに徐々に減少を続け、平成18年度は67.4キロにまで落ち込んだ。米の需要が減っているのに、いまなぜ日本への輸出に踏み切ったのか。

 里見代表は「米の消費が落ち込む中で、日本の米と対立するのではなく、お互いに消費の落ち込みをどう食い止めるか考えるべきでしょう。アメリカ米の新たな提案で米需要を伸ばしたい」と話す。

 カルローズ効果で、米全体の消費に弾みがつくか-。

産経ニュース 2007年10月16日

|

« Run | Main | メダル獲得数大幅減!? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ダイエット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 野菜感覚でお米を・・・!?:

« Run | Main | メダル獲得数大幅減!? »