« トホホ、3連敗・・・ | Main | 朝食とれば、1・5兆円市場? »

Wednesday, November 21, 2007

鍋と言えば・・・

鍋の美味しい季節がやってきましたね!

鍋と言えば・・・・・


1195607556326271


カボスでしょ!!!!!!


熱々鍋にギュッとカボスを搾って・・・・・・ (^ ^)v

我が家の庭にもカボスの木があり今年はバケツ2杯程とれてます!


・・・・・・・・・・・・・・

夏カボスは緑色ですが、身が固く汁があまり出ませんが・・・

この黄カボス・・・・

見てくれはよくありませんが、とってもジューシーですよ!!

------------------

旬です「黄かぼす」 全国“発信”へ臼杵で祭り

 黄色く色づいた完熟の「黄かぼす」が旬を迎えた。臼杵発の産品として県内外に広く売り出していこうと17日、「第1回黄かぼす旬入りまつり」が臼杵市末広の農場などで開かれた。

 黄かぼすは、八―十月のグリーンの時季を過ぎて黄色く色づいたもので、十一―十二月が旬。香りや色を楽しむグリーンのカボスに対し、黄かぼすは果汁の量が多く、まろやかな酸味が特徴。市内の農家などでは、冬場に鍋の付け汁やジュースにして黄かぼすの味を楽しんでいるという。
 同まつりは「うすき製薬」(後藤国利代表・市長)と黄かぼすを栽培している農業生産法人「後藤散農場」(佐藤伸也代表)がことし初めて企画。同農場では有機JAS認定の農場六カ所を含む市内九カ所(計三・二ヘクタール)で黄かぼす約二千本を栽培。主に搾り汁などに加工して販売している。
 まつりの神事には約五十人が出席。黄かぼすの発展を祈願した後、実行委員長の佐藤代表が「これからが勝負。みんなに愛される商品作りに頑張りたい」とあいさつ。後藤市長らがはさみを入れ、旬入りした黄かぼすを摘み取った。
 後藤市長は「カボスには二回旬がある。香りと色を楽しむグリーンの旬と、果汁がおいしくなった黄色の旬。全国に黄かぼすの味を広めていきたい」と話した。

大分合同新聞 2007年11月21日

|

« トホホ、3連敗・・・ | Main | 朝食とれば、1・5兆円市場? »

「my town」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鍋と言えば・・・:

« トホホ、3連敗・・・ | Main | 朝食とれば、1・5兆円市場? »