« Run | Main | 忘年会・・・Vol.1 »

Sunday, December 02, 2007

ワンジルV、佐藤が自己ベストで3位!

Oth0712021429002p2


TV観戦しておりましたが・・・・・・・・・・・


30km過ぎてもペース衰えずって感じでしたね!

その後、佐藤がトップから遅れていく・・・

これがマラソンっていうようなペース!!!


それでも必死に食らいついて・・・・

佐藤選手、日本歴代4位の記録で堂々の3位!!!!


これで、北京五輪1名は決まりでしょ (^ ^)v


----------------

ワンジルV、佐藤が自己ベストで3位 福岡国際マラソン

 福岡国際マラソン(福岡・平和台陸上競技場発着)は2日、北京五輪の男子マラソン代表選考会を兼ねて行われ、ハーフマラソン世界記録保持者で初マラソンに挑んだサムエル・ワンジル(トヨタ自動車九州・ケニア)が2時間6分39秒(速報値)で初優勝を果たした。佐藤敦之(中国電力)が自己ベストを更新する2時間7分13秒(同)で日本人トップの3位に入り、北京五輪代表の有力候補に浮上した。2位はデリバ・メルガ(エチオピア)。4位に松宮祐行(コニカミノルタ)が食い込み、アテネ五輪5位入賞の油谷繁(中国電力)が5位、前日本記録保持者の藤田敦史(富士通)は8位に終わった。

 代表争いは佐藤のほか、世界選手権5位の尾方剛(中国電力)が有力候補。残る選考レースは来年2月の東京マラソン、同3月のびわ湖毎日マラソンの2レース。

 レースは20キロ過ぎまで5キロ約15分前後のペースの中、集団で推移。22キロ手前で高岡が遅れると、29キロ付近で藤田、そして油谷も遅れ、佐藤とワンジル、メルガの3人に絞られた。34キロ手前でワンジルがペースアップし、佐藤が徐々に遅れた。さらに40.5キロ付近でワンジルがスパートし、メルガを引き離して逃げ切った。(スタート10分前・午後零時=晴れ、気温13.6度、湿度47%、東南東の風2.9メートル)

産経ニュース 2007年12月2日

|

« Run | Main | 忘年会・・・Vol.1 »

陸上競技」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ワンジルV、佐藤が自己ベストで3位!:

« Run | Main | 忘年会・・・Vol.1 »