« Run | Main | I shall return !! »

Thursday, December 20, 2007

トルシエ監督が戻ってきましたね!

2007122000000026spnspothum000


いや~、ビックリしました!!


ワールドカップ代表を指揮する監督が

JFL17位のチームの総監督になるなんて (>_<)


チームにとってもサッカーフリークにとっても

嬉しいニュースですが・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気になります・・・・・・・・・


契約はいかほど・・・・・・・??????


FC琉球って相当リッチなのかな (>_<)

------------------

トルシエ“魔術”秋田が現役復帰!

 JFL(日本フットボールリーグ)のFC琉球の総監督に就任したフィリップ・トルシエ氏(52)が、補強第1弾として元日本代表DF秋田豊(37=前京都)を獲得した。秋田のリーダーシップを高く評価する同監督が熱望し、現役引退を発表していた秋田も、引退を撤回して快諾した。トルシエ氏は、19日に那覇市内で就任会見を行い「素晴らしいチャレンジだ」と抱負を語った。

 FC琉球を強くしたいというトルシエ総監督の熱意の表れだった。前日夕方に那覇に到着すると、さっそく日本代表監督時代の愛弟子・秋田と連絡を取った。「FC琉球を強くしたい。手を貸してくれ」。引退を発表していた37歳のベテランの心が揺れた。その場で引退を撤回し、FC琉球入団を内諾したという。

 秋田は今季名古屋からJ2京都に移籍したが、ケガもあって出場は14試合にとどまった。京都がJ1昇格を果たして一区切り付いたことから、今季限りでの引退を表明していたが、FC琉球で新たな挑戦を始めるトルシエ氏にとっては、必要な人材だった。

 日本代表の指揮を執った02年W杯日韓大会でトルシエ氏は、FW中山雅史(磐田)とともに大会直前に秋田を代表メンバーに選んだ。闘志あふれるプレーが若手の手本になるということに加え、トルシエ監督と若い選手のパイプ役になることを要求した。W杯では1試合も出場する機会はなかったが、最も信頼を寄せていたベテランだった。

 チームを強くするためには、自分の考えを熟知し、プロ意識を注入できるベテランが不可欠。秋田は、来季は選手に専念する予定だが、指導者としても期待しており、2~3年後には監督兼任となる可能性もある。「3年以内にJ2、5年でJ1。そしてJ1に居続けられるチームにしたい」と野口社長が語る目標。秋田というリーダーを得て、沖縄が活気づいてきた。

 <「ハイサイ」「チバリヨー」ご機嫌です>トルシエ氏は会見で、総監督就任を決意した経緯を「野口社長の夢と情熱が私を魅了した。FC琉球を完全なプロにし、エリートに導きたい」と説明した。野口必勝社長は、パリやオーストラリアまで出向いて口説いたという。その熱意が就任の決め手だった。

 総監督の役割について「私は監督ではない」とベンチでの指揮については否定したが、トップチームを時間が許す限り指導すると同時に、チーム全体の方向性なども決めていくという。そして「J1に上がれば鹿島や浦和とここで対戦できる。FC琉球だけでなく、沖縄全体を巻き込む大構想だ」と続けた。

 かりゆしウエア姿で登場し「ハイサイ」「チバリヨー」など、方言も織り交ぜながら会見したトルシエ氏は、沖縄にサッカーを根付かせる「大構想を自分の手で引っ張っていきたい」と話した。

 ◆秋田 豊(あきた・ゆたか)1970年(昭45)8月6日、愛知県生まれの37歳。愛知高校から愛知学院大を経て、93年に鹿島入り。当たりの強い大型ストッパーとして頭角を現し、94年には日本代表入りした。W杯は98年フランス大会と02年日韓大会に出場。04年に名古屋に移籍し、今季からJ2京都に所属。J1通算は391試合23得点。J2京都では14試合0得点。国際Aマッチ通算45試合4得点。1メートル80、78キロ。

スポーツニッポン 2007年12月20日

|

« Run | Main | I shall return !! »

サッカー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トルシエ監督が戻ってきましたね!:

« Run | Main | I shall return !! »