« Run | Main | Run »

Sunday, January 06, 2008

箱根駅伝が終わって・・・

Ttl_hp


今年の箱根駅伝は往路優勝の早大を抜いて

駒大が総合V・・・・・

とここまでだったら翌日のブログネタだったのだが・・・・


今回の箱根は前代未聞の3校棄権!!!!

その中にわが母校のT大も・・・・・・


なんかスッキリしない幕引きとなった・・・


Wstd0890005_pho01


特ダネの小倉さんのコメントでは

メディアの影響力について述べていたが・・・


私も同感ではあるが・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かたや、大会実行委員サイドは・・・・・・


大会会長でもある関東学連の青葉昌幸会長は「情けない。すべての駅伝の教科書のようになっている大会。大学で指導、勉強してほしい。(指導者は)選手を見詰め鍛えてほしい。速い選手はいるが強い選手はいなくなった」と各校の指導法を批判した。

運営委員を務める神奈川大の大後栄治監督は「今後、給水の回数や中身などについて対策会議を開いて検討する」とした上で、「箱根駅伝は(注目の大会として)象徴化され選手の心的状態は尋常ではない。過保護にし過ぎてもいけないと思うが、そういう精神面も指導していかなければ」と指摘した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このコメント自体が情けない!!!!!!


すべての駅伝の教科書のように仕向けたのは誰ですか!?

指導者の質を向上させるのは誰ですか!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

あんたでしょ!!!!!!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は常々思っていたのですが・・・・

マラソン・駅伝の練習ってやらせすぎ・・

練習のしすぎで故障したり・・・


もちろん・・・・・

トレーニングに量を追うのはわかります!


ですが・・・・・・

量を追う上に質をかぶせる・・・


なんかもっとスマートなトレーニングはできないのかなって!?


マラソンは30km過ぎてから勝負って言いますが・・・

そのラストのスタミナ作りのトレーニング法が

間違っているような気がします!?


ゆっくり走って勝つ方法・・・・

永遠のテーマかもね!?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話が横道にそれましたが・・・・


大学生といえどもまだ精神的に未熟・・・

その精神的・心理的要素をしっかりと

把握して管理できるコーチ力が指導者には必要ですね!!

来年の箱根・・・・・

佐藤くん、4大会連続区間新!

そしてチーム優勝期待しております (^ ^)/


----------------

箱根駅伝で棄権続出 小倉「メディアのせいでは?」

今日は待ちに待ったとくダネ!の初売り日。いつもなら「おはざいまーす」とはじまるところ、「明けましておめでとうざいまーす」である。


しかし、続いてのオープニングトークは十年一日の感ありだ。「正月は家に閉じこもって、ずっとテレビを見ていた」というテレビ評論家の小倉智昭が、ドラマやスポーツ番組について、よもやま話を繰り広げる。

そんななかでも、陸上好きの小倉にとって、史上初の3校棄権が起きた箱根駅伝は看過できないトピックだ。「なぜだろうと考えていた」小倉の回答は「メディアに大きく取り上げられるので、選手のプレッシャーがすごいんじゃないか」

小倉によれば、箱根駅伝はそもそも「関東だけのローカル」で、大学駅伝界の他のメジャー大会(出雲駅伝、大学対抗駅伝)にくらべれば「ランクは下」。あまり注目されていず、ラジオ中継しかなかったのを、某テレビ局が放送するようになり、日本で一番大きな駅伝大会になってしまったという。

結局のところ、(俺もやってるけど)テレビの影響力ってやっぱりスゴイね、という、いつもの着地点なのだが、もうひとつの教訓としては、人や物の「優良誤認」はテレビの得意技であるということだ。

~ワイドショー通信簿より~


|

« Run | Main | Run »

陸上競技」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 箱根駅伝が終わって・・・:

« Run | Main | Run »