« Run | Main | 9年ぶりの入賞!! »

Sunday, January 20, 2008

都道府県男子駅伝・・・

Oth0801201713011p1


雨の日曜日・・・・

予定していたLSDも中止・・・・

ダラダラ日曜日となりました (>_<)


おかげさまで、男子駅伝をゆっくりとTV観戦出来ました (^ ^)v


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

優勝した長野県チーム・・・・

3区の東海大、佐藤選手はピークを過ぎていた様ですが強かったし・・

佐久長聖の高校生たちがいい走りをしておりました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が大分県チームも・・・・

最終区の途中までは3位グループに入っておりましたが

結果は6位!!!!!!!!!


大健闘 (^ ^)v


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月は別大マラソンもあるし・・・

TV観戦プラス・・・

沿道応援をする予定です!!!!!!

----------------

<都道府県男子駅伝>二つの悔しい記憶を払拭…優勝の長野

 ◇第13回全国都道府県対抗男子駅伝(20日)

 佐久長聖高勢で占められた長野の高校生には、二つの悔しい記憶がある。一つは高校生がブレーキになって4連覇を逃した昨年の大会。もう一つは、優勝した仙台育英高(宮城)と同タイムで2位に終わった昨年12月の全国高校駅伝だ。体調不良でエース格の上野(中大)を欠いた穴を埋めたのは、「リベンジ」にかける高校生の思いだった。

 「7区・帯刀までに40秒はリードを築く」。西沢監督が描く展開に、中盤を走る高校生が答えを出した。3区の大学生・佐藤が「予定通り」首位に立つと、4区・佐々木健、5区・村沢の高校生2人が連続で区間賞。2位に1分以上のリードを築き、レースの行方を決定付けた。

 「昨年は佐藤さんたち任せだった。今年は自分たちが中心になるつもりで臨んだ」と村沢。選手団のコーチを務める佐久長聖高の両角監督は、高校駅伝終了後から週末ごとに合宿を行い、悔しさを「次」につなげるよう切り替えてきた。「両角先生が広島に照準を当ててくれたからこそ、勝てた」と西沢監督も感謝した。

 長野は同校を軸に連続出場の選手が多く、団結と経験も強み。東海大に進んだ佐藤も同校の卒業生で、箱根駅伝終了翌日には合宿に合流するなど、大会へ懸ける思いは強い。万全ではない状態のV奪還。「去年の雪辱の気持ちを、選手1人1人が内に秘めていた」。佐藤の言葉が、長野の底力の正体なのだろう。【水津聡子】

毎日jp 2008年1月20日

|

« Run | Main | 9年ぶりの入賞!! »

陸上競技」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 都道府県男子駅伝・・・:

« Run | Main | 9年ぶりの入賞!! »