« Run | Main | 負けた~ (TT) »

Saturday, January 12, 2008

岡田監督らが環境団体を設立・・・

2008011100000017maiallbus_allview00

今朝の生温い暖かさじゃございませんが・・・・


今は冬ですよ!!!!?

なのに・・・・・・・


ほんと我が子たちが大人になったときの地球って

どうなっているんでしょうか?


子どもたちに限らず、私も平均寿命通りなら

あと30年ぐらいは生きているわけで・・・・ (>_<)


今の私たちにできる事・・・

いや・・・

今の我が家にできる事・・

マジに家族でディスカッションしたいと思います (^ ^)


----------------

サッカーだけじゃない 環境でも「子供の未来に光を!」

 サッカー日本代表の岡田武史監督らが中心になって設立した、環境に関する政策提言グループ「地球環境イニシアティブ(GEIN=Global Environment Initiative)」の設立記者発表会が11日、東京都港区のホテルであった。岡田監督は冒頭、「いつも(のサッカーの会見)とはちょっと違い、品があるなあ」と会場を見渡したが、「環境のためにどうしたらいいのかなんて誰にも分からない。ただ、私たちは子供たちの未来のために希望の光をつないでいかねばならない」と、環境への思いを語った。

 GEINは、温暖化で地球環境が危機に直面する中、再生可能エネルギーを主体とした持続可能な世界を実現するため、日本がイニシアチブをとれるように政策提言や国民運動を行う。設立発起人には岡田監督のほか、シンガーソングライターのイルカさん、作家の倉本聰さん、女優の竹下景子さん、長澤まさみさんなど11人が名を連ねている。会見には岡田監督と、GEIN代表でNPO法人「日本政策フロンティア」理事長の小田全宏さん、竹下景子さんの3人が出席した。

 学生時代から環境に関心を持ち、NPO法人に所属するなど活動を続けてきたという岡田監督は「去年、暇になったので、できる限りいろいろな活動に参加する中で小田さんと出会った」と設立に至った経緯を説明。日々の生活の中では、できるだけ車に乗らないなど環境に配慮した工夫を続けてきたというが、「(監督就任で)またちょっと電車に乗りづらくなってきた」という。また、「マイはしを持ち歩いてるんですが、しょっちゅう酔っぱらって忘れてくるんで、たぶん環境に悪いんですよ」と苦笑した。

 一方、倉本聰さんが塾長を務めるNPO法人「C・C・C富良野自然塾」インストラクターの資格を持つ竹下さんは、「私たちができること一つ一つは小さいかもしれないが、一人一人が一歩を踏み出せば私たちの後には道ができることを信じている」と語った。

 GEINは3月23日、日比谷公園(東京都千代田区)でシンポジウム「日本発!大自然のエネルギーが地球を守る」(仮称)を開催する。岡田監督は最後に自らマイクを握り、「3月23日はバーレーンで(サッカーW杯の)予選やってるんですよ。言い出しっぺなのに参加できないんですが、これをやろうと決めた時は暇だったんです」と笑いながら言い訳し、「ビデオで参加します」と約束した。

毎日jp 2008年1月11日

|

« Run | Main | 負けた~ (TT) »

雑記・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 岡田監督らが環境団体を設立・・・:

« Run | Main | 負けた~ (TT) »