« 9年ぶりの入賞!! | Main | Tarzan#504 »

Monday, January 21, 2008

1勝1敗・・・

対埼玉戦、1勝1敗・・・・・・・・・


今回もbjtvでの観戦となりましたが・・・

今回も2勝出来たような展開だったと思いますが・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・


あ~あ (>_<)


今週末は地元で前回連敗している大阪戦です!!

今度はビーコンまでブーストしに行きますよ!!


がんばれヒートデビルズ (^ ^)/


----------------

大分ヒートデビルズ 逆転で埼玉破り9勝目

 プロバスケットボール「bjリーグ」の大分ヒートデビルズは19日、埼玉県所沢市民体育館で埼玉ブロンコスと第19戦を行った。後半に逆転し、80―68で勝利。連敗を3で止めた。通算成績は9勝10敗になり、順位は西地区3位のまま。
 大分は第2クオーター、約4分間無得点の時間帯があり、10点差をつけられた。しかし、第3クオーターに鈴木の3点シュートで逆転。第4クオーター終盤に、さらにリードを広げた。
 大分は20日、同会場で埼玉と対戦する。
 ▽得点(5位まで)アンディー・エリス26点、クリス・エアー21点、鈴木裕紀11点、ジェイソン・ブラクストン9点、ジャスティン・アレン9点

エリス復活 攻撃が機能
 ○…5試合ぶりに復帰したアンディー・エリスがチーム最多の26得点をマーク。連敗ストップの立役者になった。
 年始に体調を崩し、第15戦から第18戦まで欠場。その間のチーム成績は1勝3敗だった。「きちんと休めて心身ともに万全になった」とエリス。
 2点シュート成功率は60%を超えた。エリスは「得点という役割を果たし、仲間を助けられたことが一番」。桶谷大ヘッドコーチは「エリスにマークが集まると、ほかの選手も攻めやすくなり、攻撃が機能する」と評価。
 次戦は第10戦以来の連勝がかかる。エリスは「引き締めて、次も勝ちにいくことが重要」と話した。

大分合同新聞 2008年1月20日

【大分ヒートデビルズ】個人技に頼り逆転負け

埼玉(9勝11敗)78―71大分(9勝11敗)
         11―20
         24―21
         21―15
         22―15

 プロバスケットボール「bjリーグ」の大分ヒートデビルズは20日、埼玉県所沢市民体育館で埼玉ブロンコスと第20戦を行った。終盤の攻防で競り負け、71―78で敗戦。通算成績は9勝11敗になったが、順位は西地区3位のまま。
 大分は序盤から流れをつかみ、第2クオーター終了時で6点をリードした。だが、第3クオーターから埼玉の組織的な守備に苦しみ、得点が伸び悩んだ。同点に追いつかれた後も粘って接戦に持ち込んだが、第4クオーター終盤で突き放された。
 大分は26、27の両日、別府市のビーコンプラザで大阪エヴェッサと対戦する。

首位と4連戦前に課題残る
 ○…「どうして勝てなかったのか。もったいない試合だった」と桶谷大ヘッドコーチ(HC)。大分が前半のリードを守りきれず、またしても自ら連勝を手放した。
 第3クオーターに攻撃時のミスが続き、リズムは悪化。終盤の勝負どころで攻撃は中心選手の個人技に頼った。相手が守りやすい状況を自ら招き、攻撃は停滞した。
 23得点を挙げたジェイソン・ブラクストンは「きちんと攻め込めず、ボールを奪われるミスが増えてしまった」、桶谷HCは「特定の選手だけで攻めてしまい、全体で連動した攻撃ができなかった」と反省した。
 次週から西地区首位の大阪と4連戦。厳しい日程の前に勝ち星を増やしたかった。桶谷HCは「苦しい接戦をものにする強さが求められている」と話した。

 ▽得点(5位まで)ジェイソン・ブラクストン23点、アンディー・エリス17点、クリス・エアー11点、ジャスティン・アレン10点、鈴木裕紀4点

大分合同新聞 2008年1月21日

|

« 9年ぶりの入賞!! | Main | Tarzan#504 »

ヒートデビルズ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1勝1敗・・・:

« 9年ぶりの入賞!! | Main | Tarzan#504 »