« Run | Main | メジャー昇格あきらめぬ・・・ »

Saturday, March 22, 2008

朝青龍、2連敗!!

Mrt0803211856001p3


やった~

大相撲・・・・・

盛り上げてくれますね、朝青龍

----------------

朝青龍「立っただけ」急ブレーキの原因は立ち合い

 大相撲春場所13日目は21日、大阪府立体育会館で行われ、横綱朝青龍が大関琴光喜に上手出し投げで敗れて2敗目を喫し、大関魁皇を寄り切った横綱白鵬に並ばれた。朝青龍の対琴光喜戦の連勝は28でストップ。3敗には黒海、把瑠都、栃煌山がつけている。

 支度部屋に戻った朝青龍が、テレビの前に陣取る。映されていたのは、2敗で並んだ白鵬が花道を引き揚げる姿。画面が切り替わると、手足に巻いていたテープをくしゃくしゃに丸め、怒りをぶつけるようにゴミ箱へ投げつけた。

 相手は平成14年九州場所から28回続けて挑戦を退けてきた、お得意様の琴光喜。だが迎え撃つ朝青龍に“らしさ”はみじんもなかった。立ち合いで二本差しを許し、巻き替えても相手十分の右四つ。「立ち合いがよくない。立っただけだ」。左上手を切られ上手出し投げを打たれると、あっさり土俵に手をつき、苦笑いを浮かべた。

 この日勝てば、栃光に29連勝した北の湖理事長(元横綱北の湖)の同一カード連勝記録で並ぶところだった。だが「いつかは負けると考えていた。プレッシャーだね。それに勝たなくてはいけない」。周囲に楽勝ムードが漂う中、実は不安にさらされていた。

 北の湖理事長は自らの連勝体験を元に「いつ負けるんだろうとは思い、なかなか嫌なものだ」と朝青龍の心境を思いやった上で、「きのうの負けが大きかったんじゃないかな」と前日の琴奨菊戦で敗れたショックの大きさも敗因に挙げた。

 理事長は「立ち合いが昨日と同じで高い。胸で受けてしまっている」と指摘する。昨年夏場所で終盤に4連敗して以来の2連敗の病巣は立ち合いにある。ある現役力士は「朝青龍の強さの8割は立ち合いにある」と分析するが、その最大の武器に不安がにじみ始めた。先場所千秋楽の相星決戦で敗れた白鵬に並ばれた朝青龍の、問題の根は深い。(奥山次郎)

産経ニュース 2008年3月21日

|

« Run | Main | メジャー昇格あきらめぬ・・・ »

格闘技」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 朝青龍、2連敗!!:

« Run | Main | メジャー昇格あきらめぬ・・・ »