« 大分合同新聞なんか大ッ嫌い! | Main | 日本人初の59秒台! »

Wednesday, April 16, 2008

南克幸が現役引退・・・

 バレーボールのプレミアリーグ・大分三好ヴァイセアドラーの南克幸(37)は15日、現役引退を発表した。同日、県庁で記者会見し、「24年間、本当に幸せなバレーボーラーだった」と晴れ晴れとした表情を見せた。  引退の理由について、旭化成からの出向期限が北京五輪までだったことを説明した上で「念願の北京五輪代表メンバーから外れ、決意した。物心ついた時から目標だった父の命日(4月7日)に心で誓った」と話した。


どうも長い間お疲れ様でした・・・

1208308656288231

私は貴方のお父さん・・・・


040709ballkt050626


南将之さんに憧れた世代です・・・


アニメ「ミュンヘンへの道」を観て・・・

フライングレシーブごっこをしていた記憶があります


・・・・・・・・・・


ちょうどお父さんが全日本の監督をされてた頃に


貴方も初めて全日本入りして「親子鷹」として話題になりましたね

今後は指導者として「男子ニッポンバレー」の復活に協力して欲しいな~

一押し願います!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログへ


------------

【ヴァイセアドラー】南克幸が現役引退

 バレーボールのプレミアリーグ・大分三好ヴァイセアドラーの南克幸(37)は15日、現役引退を発表した。同日、県庁で記者会見し、「24年間、本当に幸せなバレーボーラーだった」と晴れ晴れとした表情を見せた。
 引退の理由について、旭化成からの出向期限が北京五輪までだったことを説明した上で「念願の北京五輪代表メンバーから外れ、決意した。物心ついた時から目標だった父の命日(4月7日)に心で誓った」と話した。
 バレーボール人生を懸け、故郷・九州への恩返しと北京五輪代表入りを胸に2年前、大分に来た。「北京に向け体づくりをしてきた。ここまでやって代表から落ちたなら何の悔いもない」ときっぱり。
 ホームゲーム直前の3月11日に代表落ちの内示を受け、「切れかかった気持ちを押し殺して残り4試合を戦った。入れ替え戦(4月12、13日)はすべての人に恩返しするつもりで臨んだ。大分三好には県民に愛されるチームになってほしい」と最後を共にした仲間にエールを送った。
 今後は旭化成に戻り、社業に専念する。「バレーボールはここで区切りをつけたい。一社会人として会社、社会に貢献したい」。”新社会人”として気持ちを新たにしていた。

 【南克幸プロフィル】宮崎県延岡市出身。法政大から旭化成に進み、日本代表として活躍。1989年から98年にかけて世界選手権、ワールドカップに3度ずつ出場。92年のバルセロナ五輪も経験した。2005年に日本代表に返り咲き、06年も日本代表候補入りした。
 06年に廃部した旭化成から出向扱いで大分三好に移籍。今季のプレミアリーグはブロック決定本数ランキングで2位と自己最高を記録した。父はミュンヘン五輪金メダリストの南将之(故人)。

大分合同新聞 2008年4月16日

|

« 大分合同新聞なんか大ッ嫌い! | Main | 日本人初の59秒台! »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南克幸が現役引退・・・:

« 大分合同新聞なんか大ッ嫌い! | Main | 日本人初の59秒台! »