« 番外編・・・その2 | Main | ひとり100万円なり・・・ »

Tuesday, June 10, 2008

水着戦争・・・最終章

2008060800000031maiallspoview000


日水連の結論は本日発表となりますが・・・

・・・・・・・・・・・・・・


水着戦争は最終的に


北島選手が驚異的な世界新記録で


締めくくってくれました

・・・・・・・・・・・・・・


水連は最終的に3社の契約にこだわらず


スピード社製もOKとなりそうです・・・

・・・・・・・・・・・・・・


しかし個人的にメーカーと契約をしている・・


北島、柴田選手たちは・・・


他社の水着を着ることができる様になるんですかね

・・・・・・・・・・・・・・

世界新がでただけに・・・

ミズノはどう対応するか・・・

複雑です

一押し願います!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ


----------------

<競泳>入水の瞬間「これは行ったな」 世界新樹立の北島 確かな技術と力でLR生きる

 スタート台へと向かう北島は、不敵な笑みさえ浮かべていた。「狙っていた」と明かす5年ぶりの世界記録。入水した瞬間、「あ、これは行ったな」と確信したという。

 キックの強さが特徴だったが、北京五輪へ向けて上半身強化に取り組んできた。二百メートルで初めて世界記録をマークした02年の釜山アジア大会。50メートルのストローク(腕のかき)数は15回を目標としていた。指導する平井伯昌コーチは「今は14回が当たり前」と言う。それだけ、ひとかきでの推進力が増した。

 確かな技術と力があるからこそ、高性能の水着LRが生きる。水面を滑るように、最初の50メートルから世界記録のペースを上回り続け、4月の日本選手権で課題に残った最後の50メートルもスピードが衰えることはなかった。

 5月中旬に右肩を痛め、練習は十分ではなかった。しかし、モチベーションには事欠かなかった。くすぶる水着問題に、「自らの泳ぎ」で決着をつけたいという熱き思い。調子が高まるにつれ、「ジュニアの時代から泳いできた辰巳のプールで世界記録を」という長年の夢も膨らんだ。こういう時、北島は無限の力を発揮する。

 五輪でライバルとなるブレンダン・ハンセン(米国)から、世界記録ホルダーの座を奪い返した事実も大きい。「精神面が弱い」と指摘されるハンセンに、大きな重圧を与えることにも成功した。

 「ここまで来たら、(2分)6秒台の世界にも興味がある」。この貪欲(どんよく)さがある限り、北島の進歩は止まらない。【堤浩一郎】

毎日jp 2008年6月8日


----------------

<五輪水着>水連、10日に結論…LR選択にはまだ問題も

 日本水泳連盟は10日、東京都内で常務理事会を開き、北京五輪競泳日本代表選手の水着について、対応を正式決定する。選手たちの強い要望を受け、世界記録続出で注目される英スピード社製のレーザー・レーサー(LR)など水連と用具提供のスポンサー契約を結ぶミズノ、デサント、アシックスの国内3社以外の水着着用を認める方針は固まっている。

 水連は新たな社と契約はせず、北京五輪限定の特例措置として、選手の水着選択を自由にする方式を取る。この場合、ミズノと水着の個人契約を結ぶ北島康介(日本コカ・コーラ)、松田丈志らミズノの契約選手や、柴田亜衣らデサント社員の「チームアリーナ」の選手がLR着用を希望した場合、メーカー側の了解が必要となる。

 日本水連の佐野和夫専務理事は「手伝えることがあれば手伝うが、基本的には個々の話し合いになる」と話しており、メーカー側が契約を主張してLR使用を認めない場合、問題が長期化する可能性もある。【堤浩一郎】

毎日jp 2008月6月9日


|

« 番外編・・・その2 | Main | ひとり100万円なり・・・ »

swimming」カテゴリの記事

Training tools」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 水着戦争・・・最終章:

« 番外編・・・その2 | Main | ひとり100万円なり・・・ »