« しゃべりすぎ・・・ | Main | 五輪大会9日目・・ »

Saturday, August 16, 2008

執念のゴールタッチ!!

Gaj0808161150007p7


マイケル・フェルプス選手7冠達成・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

こんな興奮して観たレースが今までにあっただろうか impact


・・・・・・・・・・・・・

男子100mバタフライ決勝・・・

ゴール寸前まで4コースのカビッチ選手が

間違いなく勝っておりました dash


・・・・・・・・・・・・・

フェルプスの猛追 impact

あとひとかき・・・

そしてタッチ・・・

フェルプス負けた~ sign02


・・・・・・・・・・・・・

しかし電光掲示板の結果は・・

な・・

なんと・・

フェルプスが勝っているじゃござんせんか wobbly


・・・・・・・・・・・・・

7冠達成!!!!!!!!!!!!

フェルプス選手・・・

そうとう吠えておりました impact


・・・・・・・・・・・・・

VTRでタッチの瞬間がスローで出ておりましたが・・

それ観てもわかんない・・・

100分の1秒差・・・


・・・・・・・・・・・・・

フェルプス選手よりもカビッチ選手の方が

タッチがあったように見えましたが・・・


・・・・・・・・・・・・・

これぞまさしく・・

執念のゴールタッチでしょう dash


・・・・・・・・・・・・・

7冠・・・

これでマーク・スピッツの記録に並びました・・

あとは最終日の400mMリレーを待つのみです notes

一押し願います!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ

----------------

フェルプス、逆転で8冠に王手 「僕は泳ぐだけ」

 いつもはクールに勝利を受け止めるフェルプスがほえた。左手でガッツポーズを作り、両手で水を叩いた。それほど苦しいレースだった。


 スタートで出遅れた。50メートルのターンでは7位。トップのカビッチを捕らえたのはゴール板の寸前だった。体を伸ばす相手を、最後のひとかきでかわした。指先の差。時間にして0秒01という際どさだった。


 連日、複数のレースをこなしてきた。疲労は極限に達している。「残りのレースはできるだけ多く休めるかどうかにかかっている」。ストレッチに時間を割き、1日2度のマッサージを受ける。午後10時にはベッドに入る。昼寝も日課になっている。大型自然ドキュメンタリー番組「プラネット・アース」を見て寛ぎ、コンピューターゲームで気分転換を図った。それが最後の“底力”を引き出した。


 ついに1972年ミュンヘン五輪で1大会7冠の偉業を成し遂げたマーク・スピッツ(米国)に肩を並べた。「僕は泳ぐだけ。文字通り水に入って泳ぐだけだ」。仲間とともに泳ぐメドレーリレーで、北京を舞台にした“神話”は完結する。(川越一)

産経ニュース 2008年8月16日


----------------

フェルプスの金、判定変わらず=競泳

 100分の1秒差という大接戦でフェルプスがカビッチを制した男子100メートルバタフライ。この判定をめぐり、セルビア連盟が国際水連に書面で異議申し立てを行った。だが、関係者を交えてビデオ検証も行った結果、国際水連は「フェルプスの1位は疑いない。自動計時システムは完ぺきに作動していた」として却下した。
 銀メダルが確定したカビッチは「一番つらい敗戦だ」とタッチの差の負けを悔しがりつつ、1年半前に引退を考えていたことを思えば「ここにいるのは奇跡のようだ」とも。「できれば金が欲しかったが、銀でもうれしい。次にこういうことがあったら自分が勝つだろう」と話した。(北京時事)

時事通信社 2008年8月16日

|

« しゃべりすぎ・・・ | Main | 五輪大会9日目・・ »

「swimming」カテゴリの記事

北京オリンピック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27790/42187726

Listed below are links to weblogs that reference 執念のゴールタッチ!!:

« しゃべりすぎ・・・ | Main | 五輪大会9日目・・ »