« 足底筋痛・・・ | Main | 負けないジャパン! »

Wednesday, August 06, 2008

チキンハート・・・

Oth0808050745002n1


「イチバ~ン!!!?」

・・・・・・・・・・・・・・


そうです・・・・

あなたがイチバン・・・

チキンハートです


・・・・・・・・・・・・・・

本番まであと5日・・・

今のあなたがどのように変貌していくか・・

とっても楽しみです

一押し願います!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ


----------------

ハンセン、北京入り「オレがイッチバ~ン!!」

 【北京4日=浅井武】待ってろ、北島! 競泳男子平泳ぎで2大会連続の五輪2冠を狙う北島康介(25)=日本コカ・コーラ=のライバルで、同種目100メートル世界記録保持者のブレンダン・ハンセン(26)ら米国代表チームが北京入りした。7月の国内選考会200で落選し、個人種目では100の一本に集中してくるハンセンは「イッチバ~ン!!」と日本語で叫び、北島に宣戦布告した。


 先陣を切って姿をみせた。北京首都国際空港の到着ロビー。米国競泳チーム男子の先頭には、日本勢でもっともメダルに近いといわれる北島のライバル、主将のハンセンが立っていた。

 「いよいよレース(9日、100メートル予選)が迫ったね。とても興奮しているよ。調子もベリーグッドだ。北島も順調らしいね。いい戦いを見せるだけだ」

 心の傷はすっかり癒えていた。7月の米国代表選考会では、男子200平決勝で4位に沈み、惨敗。代表入りできる2位に入れず、北島と戦う前に敗れ去った。100決勝ではトップ通過したが、自らの世界記録(59秒13)から0秒80も遅れ、北島が持つ日本記録(59秒44)にも大きく遅れる59秒93に終わり、相変わらず、ここ一番のハートの弱さを露呈した。

 アテネ五輪の選考会では、ハンセンが100と200のいずれも北島が持っていた世界記録を塗り替え、プレッシャーをかけたが、五輪本番での一発勝負ではともに北島に屈し、今回もまた「チキンハート」(小心者)をさらけだした。


 だが、表情には、開き直ったとさえみえる不敵な笑顔が浮かぶ。さっそくハンセンは北島に対する“口撃”を開始した。「ナンバーワンになるのはオレだ」と豪語し、傍らのスタッフと「イッチバ~ン!!」と日本語で雄叫び。気勢を上げた。

 アテネ五輪後のライバル対決は、4戦全勝(非五輪種目は除く)と北島を大きくリード。6月のジャパン・オープンで北島に200の世界記録を塗り替えられたが、100は、依然として世界最速を誇る。北島の自己ベスト59秒44とは、まだ0秒31の差がある。ハンセンには100の1種目で勝負する重圧もかかるが、個人では唯一の種目に集中できるともいえる。

 中国では平泳ぎの王者を「蛙王」と表現する。その称号を得るための一騎打ち。本番で「イッチバ~ン!!」と叫ぶことができる男は、1人しかいない。

産経ニュース 2008年8月5日


|

« 足底筋痛・・・ | Main | 負けないジャパン! »

swimming」カテゴリの記事

北京オリンピック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference チキンハート・・・:

« 足底筋痛・・・ | Main | 負けないジャパン! »