« 五輪大会12日目・・・ | Main | ホーム or アウェイ ? »

Wednesday, August 20, 2008

世界一速いジョガー!?

Gai0808192313014p1


後半はまるでジョギングのようなレース


・・・・・・・・・・・・・

陸上男子200m準決勝・・・・

ボルト選手に敵なしというような余裕で決勝進出


・・・・・・・・・・・・・

決勝で夢の18秒台を観たいので・・・

おちゃらけないでちゃんと走って下さい


一押し願います!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログへ

----------------

余裕のレースで決勝へ 男子二百メートルのボルト

 大型ビジョンでライバルの位置を確認し、ボルトが余裕たっぷりに駆け抜けた。百メートルの1次予選から決勝、そして二百メートルの1、2次予選。ゴールシーンは、これまでと何ら変わらなかった。

 アサファ・パウエル(ジャマイカ)、タイソン・ゲイ(米国)との3強対決が注目を集めたが、百メートルと違って、二百メートルは戦前からボルトの独壇場となりそうな気配が漂う。

 今大会出場者で、今季19秒台の記録を持つのはボルトのほか、ディックス、クロフォード、スピアモンの4人。米国勢3人の記録は1・7メートルの追い風をもらって出したものだが、ボルトが今季世界最高の19秒67をマークした条件は、なんと向かい風だった。

 周囲の関心はもっぱら、記録の方にある。「不滅の大記録」といわれるマイケル・ジョンソン(米国)の世界記録、19秒32を更新できるかどうかの一点だ。

 ジョンソンが1996年アトランタ五輪で世界新を樹立した際、ボルトはまだ9歳。「覚えてないんだよ。ビデオと(インターネットの)ユーチューブでは見たんだけどね」。12年後、記録更新の期待を抱かせるスプリンターが登場した。

 史上最年少の15歳で、世界ジュニア選手権を制してから6年。不可能といわれた人類未到の領域に踏み込めるか。“本職”としてこだわってきた二百メートルの金メダルまで、あと1レースだ。

産経ニュース 2008年8月19日

|

« 五輪大会12日目・・・ | Main | ホーム or アウェイ ? »

陸上競技」カテゴリの記事

北京オリンピック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界一速いジョガー!?:

» ボルト選手 [じんの日記]
世界一速いジョガー!? 後半はまるでジョギングのようなレース ・・・・・・・・・... [Read More]

Tracked on Wednesday, August 20, 2008 10:41 PM

« 五輪大会12日目・・・ | Main | ホーム or アウェイ ? »