« Run・・・東京マラソンまであと1週間ちょっと! | Main | 鼻風邪ならぬ眼風邪!? »

Friday, February 19, 2010

高橋大輔・・・感動のガッツポーズ!!

D77d1f7d65bb4a5295688edc2e769019


えっ19時からのTBS系で放映じゃないの!!!!?

っと思いつつ・・・

NHKのニュースで感動の瞬間を見せていただきました


・・・・・・・・・・

4回転ジャンプは失敗しちゃいましたが・・・

あの演技が終わったときのガッツポーズ!!!


・・・・・・・・・・

会員の方とジムのTVで観ていたのですが・・・

涙がこぼれそうなのを必死で押さえておりました


・・・・・・・・・・

っで優勝したのはロシアのプルシエンコではなく

アメリカのライサチェックなんですね~


・・・・・・・・・・

高橋とライサチェックの演技はTVで観たのですが・・

プルシエンコの演技はまだ観ておりません


・・・・・・・・・・

ライサチェックが4回転をしてなくて優勝したってことは・・・

プルシエンコは4回転を失敗したのかな


・・・・・・・・・・・・・

それは帰ってからのお楽しみってことで・・・

・・・・・・・・・・

あ~でも、高橋選手は本当に素晴らしい演技だったですね・・

おめでとう!!!!!

一押し願います!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村


---------------------------------

五輪=フィギュア高橋が復活の銅、日本男子では初のメダル

 [18日 ロイター] バンクーバー冬季五輪は18日、フィギュアスケート男子のフリーを行い、ショートプログラム(SP)で3位だった高橋大輔(23)が銅メダルに輝いた。日本が男子フィギュアでメダルを獲得するのはこれが初めて。このほか、織田信成(22)は7位、小塚崇彦(20)は8位に入り、共に入賞を果たした。

 昨シーズンに右ひざの靱帯を損傷し、手術とリハビリを経て2度目の五輪出場となった高橋は「満足ではないが、メダルがとりあえず取れてすごくうれしい。メダルが決まった瞬間に泣いてしまった」と感激を語った。「オリンピックという大舞台で、日本人男子初メダルを取ったことは自信に、誇りにしたい」と述べた。

 金メダルはエバン・ライサチェク(24、米国)が合計得点257.67で獲得し、米国に22年ぶりの同種目での金をもたらした。1位が確定した瞬間ライサチェクは飛び跳ねながら喜び、「これ以上は望んでも望めない。人生で最も大切な瞬間に自己最高を出すなんて夢のようだ」と述べた。

 トリノ五輪金メダリストでSPで1位だったエフゲニー・プルシェンコ(27、ロシア)は、フリーでも4回転ジャンプを成功させたが、他のジャンプでのミスが響き、合計得点256.36で銀メダルに終わった。高橋はフリーで156.98点をマークし、合計得点247.23だった。

 五輪初出場でSPで4位だった織田はフリーの途中で靴ひもが切れるアクシデントがあったが153.69点を記録し、合計得点238.54。同じく五輪初出場でSPで8位だった小塚は、フリーで151.60点をマークし、自己ベストの計231.19点だった。

ロイター 2010年2月19日

|

« Run・・・東京マラソンまであと1週間ちょっと! | Main | 鼻風邪ならぬ眼風邪!? »

五輪、IOC,JOC」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高橋大輔・・・感動のガッツポーズ!!:

« Run・・・東京マラソンまであと1週間ちょっと! | Main | 鼻風邪ならぬ眼風邪!? »